櫛野 展正

日本唯一のアウトサイダー・キュレーター

1976年生まれ、広島県福山市在住。
岡山大学教育学部卒業後、知的な障害のある人たちの福祉施設に入職。就職後より福祉施設で暮らす障害のある人たちへ表現活動のサポートを始める。
2012年より広島県福山市鞆の浦にある「鞆の津ミュージアム」でキュレーターとして展覧会の企画などを担当。ヤンキー文化や死刑囚による絵画など、美術の「正史」から外れた表現活動が注目を集める。
2016年4月より独立し、同市でアウトサイダー・アート専門ギャラリー「クシノテラス」をオープン。社会の周縁で表現を行う人たちに焦点を当て、“自撮りおばあちゃん”として話題の西本喜美子さんなど様々な表現者を紹介する取材を続けている。近年は展覧会の企画だけではなく、表現者の元を参加者と訪問する「現場訪問ツアー」にも力を入れている。
近著に18人の表現者の生き様とアートを紹介した『アウトサイドで生きている』(タバブックス)がある。
創作活動のこだわりから見えてくる、経済にも教育にも縛られないその人自身の生き方を櫛野さんは何通りも知っています。みなさんにとって「当然でなかったこと」が「当然のこと」になるきっかけとなれば幸いです!

「スピーカー」一覧へ戻る