ロバート・トムソン

ロバート・トムソン

北海道大学文学研究科 行動システム科学講座 博士後期課程/スケートボード単独旅行ギネス記録保持者

1980年にニュージーランドの南島、インバカーギル市生まれ。13才に日本人の同級生と友達になり、16歳に1年間福岡県筑紫野市に交換留学をする。その後ニュージーランドのカンタベリー大学で日本語を専攻に文学部を卒業し、日本政府のJETプログラムで大分県に2年間、立命館アジア太平洋大学に1年間勤めた。Office workに不満を感じ、アドベンチャーを求め、日本からイギリスまで自転車でユーラシア大陸を横断することを決断。中央アジアを経由に18か国、9か月、12,000kmをスイスまで自転車で横断した後、移動手段をスケートボードに切り替える。当初のイギリスまでの計画を世界一周に変更し、ヨーロッパ、北米、中国をスケートボードで横断することに決心。西洋海をヨットでの渡航を含み、結局1年半のスケートボードによる旅となり、12,159kmのギネス世界記録として承認される。全体的に、世界中のインターネット技術の普及に圧倒され、ニュージーランドに帰国後に、インターネット利用と文化変容を中心に研究し始め、現在に至る。現在は北海道大学大学院文学研究科博士後期課程に在学中で、休日などは北海道を中心に自転車ツーリングやバックカントリースキーをやっている。

「スピーカー」一覧へ戻る